>  > 俄然やる気が湧いたんです

俄然やる気が湧いたんです

先日風俗に行って俄然やる気が湧いてきたんですよ。これはもっともっと楽しまなければならないなと。なぜかそんな気持ちにさせられたんですよね。その理由は彼女がかなり良い風俗嬢だったからに他なりません。それでもっともっと頑張ってお金を稼いでもっと彼女に会いに来なければならないなって思ったんですよね。こんな気持ちになるとは思いませんでした。それまで風俗は割とマイペースを保っていたんですよ。もちろん可愛いなって思える女の子も中にはいましたけど、それよりも今回はツボだったってことなのかもしれません。まさかというのが本音でしょうかね。マイペースを保っていた自分を狂わせたってことなんですし(笑)でもそれでいいんです。何だか何かに熱中したいって気持ちでいたので、彼女のような存在がいてくれると自分もなぜかもっといろいろと楽しみたいとか、一生懸命いろいろなことを楽しまなければ勿体ないよなって気持ちになれましたしね。

自分の意見は大切ですが…

自分の意見はとても大切ですし、ましてや風俗であればこちらはお客という立場でもあるのでそこにいろいろな魅力を覚えるのは当然だとも思います。でも実際に考えた時、確かに自分の意見を女の子に言うのは悪いことではありませんが、その一方で風俗嬢もまた、人間です。言い方次第では全然違うものになってしまうんじゃないかなと思うんですよね。フェラをしてもらいたいって思った時、「舐めてもらいたいんだ」と優しく告げるのと「早く舐めてくれ」と命令口調で言うのとでは女の子の気持ちは全然違うものになるんじゃないですかね。これは風俗って考えるから面倒なのであって、普通に誰かに頼まれる時って考えたら分かりやすいんじゃないですかね。仕事だとしてもですよ。だから自分も風俗で女の子に頼む時にはなるべくソフトに言うようにしています。そうじゃないと女の子のモチベーションを下げてしまって、結局余計鬱憤が溜まる展開になってしまうかもしれませんしね。

[ 2016-10-25 ]

カテゴリ: 風俗体験談