>  > レベルの違いを実感した瞬間

レベルの違いを実感した瞬間

やっぱり風俗だってレベルの違いがあるんだなってことを実感させられましたよね。社会人になってとある地方から就職のために都心部まで引っ越してきたんですよ。それまでも風俗は何度か利用したことがありました。でも都心部の風俗は全然レベルが違いました。自分の知っている「風俗」とは別物と言っても良い程。女の子のレベルもそうですし、何より違うなって思ったのはこちらへの対応ですかね。やっぱりそこが全然違うなってことを実感しました。だから就職して引っ越してきて良かったなとも思いました。こんな感覚は昔は味わったことはありませんでした。代金の方はそこまで多くは変わらないんですよね。でも内容というか満足度に関しては段違いと言って良いでしょうね。だから思ったんです。案外地域によって変わるものなんだなって。でもこれは風俗に限らず、どんな産業にも言えることなので別に風俗に限った話ではないのかもしれませんね。競争原理が質を高めるんですし。

旅行の最中での話です

旅行の最中なのに風俗を楽しんじゃいました。本当は旅行の最中は風俗を楽しもうだなんて一切思っていなかったんですよ。でも良い機会だしなってのと、なんとなく旅行で開放感があったのかもしれないですね。テンションも高かったのでついつい風俗でもって気持ちになってしまったんですよね。ピンサロではありましたけど、それでも旅を楽しむ最中のちょっとした一服で楽しむのも悪くはないんじゃないかなって思ったんですよね。むしろそれが自分にとって一番というか、そこで一発抜くことでより旅行に集中出来るんじゃないかなって思ったんですよね。旅行の最中だったのにそのピンサロ店を見てからピンサロの方ばかりが気になってしまったんですよ。ちょっとした欲求不満のようなものですよね。その状態で旅行を続けるよりも、一度しっかりと抜いてしまった方が後々ちゃんと旅行を楽しめるんじゃないかなって思ったんです。それに、相手のピンサロ嬢も良かったですし。

[ 2016-12-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談